2017

クリニックデザイン

NAKANO DENTAL CLINIC

なかの歯科医院

所在地:福岡県北九州市
業種:歯科医院
構造:RC造
敷地面積:-㎡
延べ床面積:1階 111.77㎡/2階 113.90㎡

受付・待合室

木を基調にした空間。元々の医院は親しみやすさを感じさせる雰囲気だったので、その雰囲気は残しつつ、上品さを加えたいと感じたので、薄いベージュをベースカラーに、同じトーンから少しづつ色を加えていくように素材の変化を楽しむようにしました。

レセプション

少しづつ色のトーンを変え空間を構成していくことで、診察室入り口を中心軸に、受付カウンター、パウダーコーナーのパーテーションが不安定なボリュームの違いを作り出しました。

パウダーコーナー

受付の一角、トイレ前にパウダーコーナーを設置しました。空間的に閉じなかったのは受付部分に圧迫感を感じさせたくなかったため。

 

通路

診療室前の通路。個室にするとどうしても通路ができます。そのため空間を尖った感じにすると狭く感じるので、柔らかい印象の素材を使うことで狭さを緩和するようにしました。

1階メンテナンス

個室は天井と壁の2面を同じ素材にしてつながりをもたせました。1階は木目を統一して、ベースカラーを各部屋で変えることで変化をつけました。

1階メンテナンス

 

2階待合ラウンジ

2階待合ラウンジは、各個室に繋がる空間となっており、1階受付待合室と同じテイストの空間にしています。

2階待合ラウンジ

今回使用したタイルはテクスチャが布のような雰囲気を持っており、硬質のタイルながら柔らかい印象を演出してくれました。

2階待合ラウンジ

ペンダントライトはイタリアから輸入したもので、作業面の照度がとても明るく、意匠照明の域を超えており、しっかりと照度をもたらせてくれる優秀なアイテム。

 

スペシャリティ

特別な診療を受けられることをテーマにしたこの部屋は、職人的な印象を与える雰囲気を重視した。

スペシャリティ

木目とネイビーの組み合わせは、男性的で凛々しいな印象となり、真面目な雰囲気を演出してくれます。

U20

U20は小児歯科。ポップな雰囲気になるよう素材をセレクトしました。造作家具の色を各部屋統一することで、つながりをもたせました。

 

ディティール

 

ディティール

 

ディティール

 

 

CREDIT

意匠デザイン:株式会社リアルクリエイション
照明設計:株式会社プレンティー
施工:株式会社のあ建築設計
撮影:アール・イー・エム 藪亀寛