2018

飲食店デザイン

SHICHIFUKU

七福

所在地:中国長春市
業種:日本懐石料理店
構造:RC造
敷地面積:-㎡
延べ床面積:416㎡/125.84坪

プロジェクトの経緯


 中国において、中国のオーナーが日本料理店を出店するプロジェクトに、メインデザイナーとして参加させていただきました。日本の和食料理店のサービスに感動したオーナーが、「自分の国でも同じようなサービスを提供したい。」ということでスタートしたプロジェクト。
 主に寿司や懐石料理を提供する「七福」。本格的な日本建築、特に静かなデザインでまとめました。中国人は派手な雰囲気が好きな民族なので、いわゆる日本のイメージは「フジヤマ」「スシ」「テンプラ」「ゲイシャ」といった印象が未だに強いようです。その中、オーナーは本格日本建築の静かな雰囲気を望まれたので、そこはとてもチャレンジだったのではないでしょうか。結果論ですが、今現在中国に多い日本のデザインのものは派手なものが多いので、逆に静かなデザインの七福は目を引くことになったようです。
 建築地の中国は吉林省の長春市は、冬はマイナス20度になるとても寒い地域で、床暖房がインフラで整備されている地域です。いわゆる地方都市ですが、それでもかなり都市化が進んでおり、街並みはとても美しい街を形成しています。建設地は富裕層の集まるミックスドユースのモールの中にあるので、当然利用者も富裕層になります。食文化や建築文化など大きく日本の文化と異なる土地で、どのように文化と建築を中国に融合させるかがポイントになりました。日本だと杉材がメインの素材になるのですが、杉自体の流通も中国ではありません。日本から輸出すれば簡単ですが、少しそれは違うかなと考えました。押し付けるのではなく、いかに歩み寄り表現できるかが大事なことだと考えます。杉に似た木目を根気強く探したり、石材屋さんにこまめに足を運んでは選定に時間をかけました。そうやってできた空間は、日本と違うといえば違います。しかし、その場にある材料を工夫して使った空間は、とても味わい深いものになりました。

 

ファサード

 テナント内部の吹き抜け部分に、まるで外部空間のような空間を作り出しました。2階建ての町家建築に、離れを増築したようなデザインです。

ファサード

  竹や風鈴、のれんなど日本を感じさせるアイテムがお出迎えをしてくれます。

離れ

  V.I.P用の個室です。基本的に日本の木造建築を忠実に再現するようにデザインしています。

 

軒先

 母屋や垂木、野地板をきちんと表現してもらいました。

のれん

  ロゴは日本人デザイナーです。エンブレムは巾着をモチーフにしていて、とても良い雰囲気です。

行灯と枯山水

  入り口には枯山水もあります。行灯が浮かび上がります。

 

離れ入り口

 離れには店内から入ります。格子越しに覗くVIPルームは期待感があります。

離れ内部

  離れは雪見障子をつけました。竹を足元から見せるようにデザインしています。

離れの飾り

  小物や書は日本から持ってきました。トランクやダンボールを飛行機で運んだのは良い思い出です。

 

寿司カウンター席

 シンプルにまとめた寿司カウンター席。壁面に様々な大きさの木材を設けて、間接照明で照らしてあげました。表情豊かな壁面になったと思います。

寿司カウンター席

  椅子はウェグナーのY-CHAIRです。日本の建築には北欧の家具がとてもよく合います。

寿司カウンター席

  

 

テーブル席

 シンプルな左官壁に、日本から運んだ書を飾りました。写真は「あうん」です。

テーブル席

  左と同じく書を飾っています。

階段室の書

  階段室は吹き抜けの大きい空間になるので、かなり大きい書を描いてもらいました。上の文字が「福」で下が「手」です。福をもつといった、おめでたい言葉です。

 

2階カウンター席

 2階に上がると、吹き抜け空間を見下ろすカウンター席がまず目に入ります。いわゆる雰囲気の良いカップルシートです。

2階カウンター席

  1階の玄関から見える2階の屋根にあたる部分です。登り梁がダイナミックに空間を演出してくれます。

2階通路

  2階の個室前通路です。日本の路地裏がモチーフになっています。

 

2階個室席

 2階の個室席。特に入り口の真上にあたる部分は、日本の旅籠をイメージしています。窓際に腰掛けられるようにしました。

2階個室席

  木天井と左官壁。これといった特別なことはしていませんが、とてもシンプルで優しい空間いなったと思います。

2階個室席

  床の間の違い棚。ここの飾り付けも日本から持ってきたものです。

 

地下1階枯山水

 地下1階は中央部分に枯山水を設け、それを挟んで個室を2部屋レイアウトしました。

地下1階枯山水

  

地下1階枯山水

  

 

地下1階バー

 地下1階にはお酒を楽しめるバーを配置しました。オーナー自慢の陶器が並びます。

地下1階バー

  

トイレ

  トイレには竹をアーチ状に貼ってもらい、間接照明で照らしました。

 

1階テーブル席CG

 

1階寿司カウンター席CG

  

1階離れ個室席CG

  

 

2階通路CG

 

2階個室席CG

  

2階個室席CG

  

 

地下1階枯山水CG

 

地下1階個室席CG

  

地下1階バーCG

  

 

CREDIT

意匠デザイン:株式会社リアルクリエイション
照明設計:株式会社プレンティー