SERVICE

私たちが提供するサービス

 私たちは施工を行いません。また建築士事務所でもないので、確認申請業務なども行いません。
 では何をするのか?
 私たちは空間、建築、インテリアのデザインや、小物の飾り付け、そしてグラフィックデザインなど、多岐にわたるデザイン業務を総合的に企画立案を行う、建築や空間のデザインをプロデュースするデザイン工房です。

 

建築の企画・デザイン

 わたしたちのデザインワークにマンションデザインというものがあります。マンションデザインでは、購買者層の好みや趣向をその土地と合わせてマーケティングをします。まず土地の風土を読み解き、自然、人の動き、車の動きなどリサーチしていくと、架空の購買層が見えてきます。そしてその架空の購買者設定をしっかり行うことで、建物にデザインを施していきます。マンションは長く残る建物です。当社はそのことをふまえ、斬新なアイデアを取り入れつつも、どこか普遍的なデザインを取り入れるようにして飽きのこないものを作りたいと思っています。
 そしてこういったマンションデザインのノウハウは、他の業態であっても同じように捉えられます。当社ではクリニックのデザインが多く、その中に新築工事も少なくありません。 わたしたちには構造と一体となったデザイン提案や空間を実現できるノウハウがあります。  
 構造と一体となったデザインの利点は、他に見たことがないデザインができる点がまず挙げられるでしょう。それは当然検討しなければならない構造設計の時点からデザインを考えられるので、ありのままの形で上質な空間を形成できるという点です。
 そして確認申請業務や構造計算、CG製作、照明デザインなどは当社パートナーシップ企業と一緒に業務を行っています。
 建築物は構造設計や設備設計、空調設計、意匠設計など多岐に渡りますが、1社でそれらを全部行うのではなく、様々なプロフェッショナルが関わるのが一般的です。当社はそれを公言しており、むしろこういったクリーンな専門家同士のコラボレーションで作り上げるものが良いものができると確信しています 

R CLINIC

2×4工法と屋根トラスによる組み合わせの構成が、ダイナミックな空間デザインを実現したアールクリニックは第1回歯科医院デザインアワードで審査員特別賞を受賞しました。
詳しくはこちら

ASSOCIA TERRACE CHIKUSHINO

アートホテルのようなマンションをコンセプトに、斬新なアイデアをちりばめ、動線の行き止まりを意図的につくり、そのいたるところにアートを取り入れました。
詳しくはこちら

FUJISE DENTAL CLINIC

別荘やコンドミニアムを連想させる外観のフジセデンタルクリニック。コンセプトを実現させる外観デザインで付加価値を生み出します。
詳しくはこちら

FREADIA AKASAKA FOREST HILLS

アクタスとコラボレーションしたフリーディア赤坂フォレストヒルズ。アクタスのもつ世界観を昇華させました。
詳しくはこちら

FREADIA OHASHI RESIDENCE

豊かなラウンジが付加価値をうみだしたフリーディア大橋レジデンス。
詳しくはこちら

 

店舗やオフィスのデザイン

 テナントなどで建築がすでにあり、おもにインテリアによる空間表現でお店やオフィスの個性を演出します。その内容は居抜き渡しからスケルトン渡しまで幅広くあります。共通して言えることはどの場合でも念入りな調査が必要な点です。それは空間の条件やロケーション、近隣の人の動きもしかりですが、電気、給排水、空調換気など複雑に条件が絡み合うからです。
 私たちは現地調査に力をいれ、何度も足を現場に運びます。それは良い空間を作るために必要なことだと考えるからです。

 

 
LEVEL 5 TOKYO OFFICE
 最先端のビルによる法規制の難しさと戦った事例。スケジュールの短さにもかかわらず、輸入家具などをふんだんに取り入れました。
 
CHISHIRO DENTAL CLINIC
もとコンビニだったテナントを改装したちしろ歯科医院。清潔で安心安全をキーワードにコンセプト展開を図り、デザインに落とし込むことに成功した事例です。
 
IMAHAYASHI DENTAL OFFICE
建て貸しテナントという条件だったため、建築デザインにも口をはさめたことで、外観から医院イメージを確立することができた事例。
 
TOMOMASU
起業100年という由緒ある会社のショールームとオフィスのデザイン。歴史ある雰囲気と、最先端の工場のイメージを融合させることに成功した事例。
 
PIKAPIKA DENTAL CLINIC 
ほぼスケルトン状態から工事を始めることができたピカピカ歯科医院。ポップで親しみのある雰囲気は、院長の雰囲気そのままに、地元密着で好感のもてる医院づくりを目指した事例です。 
 

住宅のデザイン

 私たちは考えます。住宅は長く残るべきであると。日本では年月が経てばたつほど住宅の価値は下がっていきます。でも考えてください。50年残った家よりも10年しか経っていない家の方が価値があるとはおかしいと思いませんか?
 さて私たちは2×4工法、軸組在来工法、板倉工法など様々な木造工法を、お客様のニーズに合わせ提案し、実現してきました。そして長く住める家をテーマに各工法の一長一短をお話して、施主にあった工法を提案してきました。ただ、どの工法にも言えることですが、家を建てたらその後、家と付き合っていく。という感覚を持って欲しいと思っています。

 
HOME OF MATSUURA
板倉工法による住宅
 
F RESIDENCE
木造在来工法による事務所併設住宅の事例
 
 ABIRU HIROKI DENTAL CLINIC
2×4工法による大空間を実現した医院併設住宅の事例
 
 H RESIDENCE
 若い家族のための、古き良き日本の間取りの概念を取り入れた、楽しい家づくり
 
 HOME OF OGI
  160年前の古民家改築プロジェクト。現行建築基準法にそった建築物に改築した意欲的なプロジェクト

 

 

グラフィックデザイン

 グラフィックデザインは、建築デザインと同じくらい大事であると私たちは考えます。それはDMやポイントカード、診察券などは、手に取ることができ、非常に顧客と距離の近いデザインと言えます。ということは、店舗よりダイレクトにイメージを伝えやすいことになります。購買者の財布の中はカードの争奪戦が繰り広げられています。いかにその争奪戦に勝ち残るかが、ブランディングを浸透させる鍵になります。
 そしてグラフィックデザインの面白いところに、デザインが優れていようがいまいが、印刷代は同じということにあります。ならば当然こだわった方が良いでしょう。

 
CHISHIRO DENTAL CLINIC
 
 
OKUDA SABO
 
 
FUJISE DENTAL CLINIC
 
 
IMAHAYASHI DENTAL OFFICE
 
 
PITCHING ROOM
 
 

デザイン費の目安について

 デザイン費は工事費の10%が基本になります。まずこれを基本に考えてください。店舗デザインだとおおむねこの金額になります。
 新築工事になると、確認申請費用などが発生するので、デザイン費以外の費用が必要になります。トータルするとおおむね工事費の12〜13%が目安になります。
 さらに構造計算が必要な案件はさらに費用がかかり、およそ15%を目安にしてください。
 あくまで目安ですので、規模が大きくなるとパーセンテージは低くなります。参考までに3階建1階RC造2、3階木造の混構造で確認申請費用と構造計算費用こみでおよそ10%でデザイン設計料はおさまりました。ただし交通費は別途請求させていただきます。
 逆に工事費が1000万円にみたない場合は一律100万円がデザイン設計費用になります。
 そしてマンションデザイン費の目安は、20〜50戸クラスで一物件150万円〜200万円が目安です。マンションデザインの場合、規模が小さくなっても作業量はあまり変わらないので、金額も大きく変わりません。逆に規模が大きくなっても作業量はあまり変わらないので、大きく金額が跳ね上がることもありません。
 以上の目安は当社の基準ですが、ある程度一般的な金額の相場でもあると思います。
 正直に申し上げますと、実際はとても良心的な設計・施工の会社に頼まれた方が、コスト的にも安くあがります。私たちが関わると私たちの人件費がどうしてもかかってしまいます。
 しかし、建物は高い買い物になりますので、少しでも失敗の確率を減らしたいのであれば、私たちは施主と施工会社の間に入る第3社機関となり、お役に立てるでしょう。
 設計・施工の会社に頼んだ方が安く済むのに、実際には私たちのような職種はなくなっていません。それは前述したような考えで、私たちのような職種に対し価値を感じている方が、実際に存在するからでしょう。そして、まさしくそこに、私たちの職種の価値があるのです。
※デザイン費の目安に、消費税は入っておりません。