NOA KENCHIKU SEKKEI

株式会社のあ建築設計

デザイン 株式会社リアルクリエイション 小島 賢士 
構造設計 株式会社楓工房
施工   のあ建築設計
家具製作 アダル
撮影   アール・イー・エム 藪亀寛

プロジェクトの経緯

  •  当社とは15年ほどお付き合いのある施工会社「株式会社のあ建築設計」の自社オフィスのデザインを担当させていただいた。のあ建築設計は地域密着型の注文住宅を主に取り扱う工務店で、住宅以外でもオフィスや店舗など、当社とタッグを組んで竣工した物件も少なくない。
  •  そしてS社長とは個人事業主の頃からの付き合いで、記念碑的なこのプロジェクトに関われることは非常に光栄なことであった。
  •  木造住宅を多く手掛け、クライアントを向いた地域密着型の仕事をしている会社なので、ダイナミックな木造のオフィスをイメージした。その際、枝のように伸びる構造をイメージして、構造設計の先生と何度か打ち合わせを重ねた。それは構造自体がデザインになっていることが重要だったからである。この構造のデザインで会社としての力強さや表現力などを、訪れる顧客に感じて欲しいと思ったからである。
  •  また、当然難しい構造であるのは一目瞭然であるので、このことも施工技術の高さを顧客にアピールすることができるのである。
外観
 外観はシンプルな片流れ屋根の構成。大空間を構成する構造は、外観からはわからないようになっている。
ファサード
 家を建てたい顧客が、家を連想するような構えにしている。植栽もふんだんに盛り込まれているので、見ごたえのある趣に仕上がった。
ファサード
ファサードの夜景。広くて大きい庇が特徴的。入り口の隣に会議室が見える。
吹き抜けラウンジ
 大きい吹き抜けの空間。南からの光を存分に取り入れている。
  吹き抜けラウンジ
枝状に伸びる構造体がよくわかる。大きい部材を使わずに、小さい部材を組み合わせることで大空間を構成している。
 吹き抜けラウンジ
 2階からの見下ろし。2階と1階は吹き抜けでつながっているため、空調は全館空調である。この大きさのオフィスになると当然の設備と言える。
 吹き抜けラウンジ
 夕景の吹き抜けラウンジ。南からの光を受ける昼のシーンと変わり、シックな雰囲気になっている。
吹き抜けラウンジ
会議室を見る。1階には打ち合わせ用会議室が4セットあるが、常に来客や業者との打ち合わせでフル稼働している。
 
 
2階執務室
 2階執務室は設計部と工務部で成っている。構造体を一番堪能できるエリアでもある。
 
 
打ち合わせ室
 主に来客用の打ち合わせ室となるこの部屋は、リビングでくつろいだ印象をもたせたかったので、外構の植栽が見えるようにしている。サッシを出るとウッドデッキのあるテラスがある。深い庇が心地よい。
 
会議室
 会議室は各部屋でテーマカラーを変え、交差する壁で色を変えているので、面白い空間になっている。この部屋に合わせ、白ベースにアクセントカラーのついた家具を選んでいる。
 
ストックルーム
 各会議室や設計部、工務部には隣接してストックルームが設置されており、サンプル帳などすぐに手に取れるようになっている。特に来客時にサンプル帳を出すことが多い為重宝している。  
 
トイレ
 
 
ファサード
 
 
デザインウォール
 

CONTACT

お仕事のご依頼やご相談、ご質問等がありましたら お気軽にこちらからお問い合わせください。
TEL : 092-408-4674(福岡ワークショップ) TEL : 03-6894-7564 (東京ブランチオフィス)
東京ブランチオフィス不在の場合、福岡ワークショップに転送されます。